全米初の「オミクロン」変異株ウイルス、カリフォルニアで初確認

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 盖特第一批注册

12月1日、米国CDCとカリフォルニア州保健当局は、米国で中共ウイルス変異株「オミクロン」の最初の症例を確認した。患者はワクチン接種済みの方で、南アフリカから帰国したばかりである。症状が軽くて、現在自主隔離している。

南アフリカが11月25日に警告を発して以来、少なくとも20を超える国や地域でこの変異型ウイルスが発見されたと報告されている。

郭文貴氏は、早くも9月26日の生放送で、中共がアフリカでウイルスを放出すると述べ、さらに11月29日にウイルスが米国西部に上陸すると正確に予測した。米CDCの発表は、郭氏の情報の正確さを裏付けるものだった。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 爆米花
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 定于二尊
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

#post_policy ul{padding-left:0px !important;} #post_policy ul li{ list-style:none !important; display:inline-block !important; padding:10px !important; } #post_policy ul li:hover,#post_policy ul li a:hover{text-decoration: none; !important;} #disclaimer,#post_policy ul li{font-size:15px !important;} #post_policy ul li a{font-size:15px !important;text-decoration: underline;}

Source

Please follow and like us:

Visit Source

NOT to be Missed Hurry Up!

Leave a Reply